板室温泉大黒屋さんの水琴亭の甘酒と抹茶は美味でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
板室温泉大黒屋さん那須・板室温泉



那須で野生のサルに会える場所があります。簡単に会えますが、危ないのであまり近づかないようにしてください。


あなたが野猿に会いたいと願うなら、それは簡単なことです。那須の観光地の一つである板室温泉に行けば出会えます


わたしが出会ったのは、2018年5月の晴れた日曜日、時刻は午後5時頃でした。撮影した場所は、車内です。サルはバス停の後ろにある原っぱを歩いていました。親子ザルでした。周囲にたくさんのサルがいました。

 その日、わたしは妻と板室温泉にお茶をしに出掛けました。

板室温泉に行く途中

板室温泉大黒屋さん。板室温泉に行く途中の景色です、この辺はのどかです。

富士山ではなく那須連山です

板室温泉大黒屋さん。那須連山が左側に見えてきます。晴れている日は景色はいいですが、窓を開けると田舎の香水が車内に入りますので、ご注意ください。

東京方面からですと東北自動車道を黒磯板室ICで降りて、すぐの那須ガーデンアウトレット交差点を左折します。北上し約5分ほどで、高林の交差点を右折します。道なりに進むこと約7分で戸田の交差点に着きます。そこを左折し、道なりに走ること約20分で板室温泉に着きます。

凍結止めが施された下り坂

板室温泉大黒屋さん。凍結止めが施された下り坂です。カーブがきついので減速しましょう。


那須観光は冬は路面凍結に注意です!


っていると途中で路面凍結防止と大雪対策のトンネルを通ります。那須地区は冬は道路が凍結するため、下り坂は危険です。ブレーキを少しでも深く踏めば車はスリップし、ブレーキがロックしたような状態で、そのままガードレールまで一直線です。

 昔話になりますが、つららで作ったかき氷を食べたくて、大晦日にこの近くの沢につららを採りに行ったことがあります。帰り道に、マイカーが凍結した路面の餌食になり、廃車になりました。( ;∀;)

那須温泉近くの板室温泉です

板室温泉大黒屋さん。那須温泉近くの板室温泉に到着しました。この日は周囲に人はいません。貸し切りです。

 

 上の写真は板室温泉の駐車場です。日曜日なのに空いてます。まさに、穴場です。昔、流行った観光地なのです。

 下の写真の道、駐車場前の道を渡り、河原に向かいます。

日曜日なのに通行人いない。貸し切りです

板室温泉大黒屋さん。日曜日なのに通行人はいません。貸し切りです

橋を渡ります。先に見えるのが公共の温泉施設です

板室温泉大黒屋さん。橋を渡ります。先に見えるのが板室けんこうのゆグリーングリーンです。

橋を渡って川沿いに歩きます

板室温泉大黒屋さん。橋を渡って川沿いに歩きます

 

吊り橋です。揺らすと楽しいです

板室温泉大黒屋さん。吊り橋です。揺らすと危ないです

下から見た吊り橋です。誰もいません。貸し切りです

板室温泉大黒屋さん。下から見た吊り橋です。誰もいません。貸し切りです。

那珂川の支流です

板室温泉大黒屋さん。那珂川の支流です。キレイですね


板室温泉は川が澄んでいます。涼しいです。


お茶を飲む前に少し散歩をしました川のせせらぎが心地よく、うぐいすの鳴き声も耳に届きました。風は少し涼しく、陽気と歩いて汗ばんだ体には、心地よく感じられました。

 ここから河原を上流に向かって進みました。川の水は透明でエメラルドグリーン反射した山の景色が見事でした。河原の先で階段を見つけました。

河原脇のなぞの階段?

板室温泉大黒屋さん。河原脇のなぞの階段?

  登ってみると不思議な空間に出ました

天空の城のラピュタのロボット兵?

板室温泉大黒屋さん。天空の城のラピュタのロボット兵?

近づいてみるとやはりジブリみたい

板室温泉大黒屋さん。近づいてみるとやはりジブリみたい

現代アート作品でした

板室温泉大黒屋さん。現代アート作品でした。風の航路ですね。あと庭園喫茶の水琴亭があります。歩き疲れたので休みます。

ここでお茶が飲めます

板室温泉大黒屋さん。ここでお茶が飲めます

ここが今日の目的地の大黒屋さんという宿泊施設の中にある喫茶店です。前回は、赤い席に座って火にあたりながらコーヒーをいただきました。今回は大黒屋さんの中に入りました。

大黒屋さんの入口です

板室温泉大黒屋さん。大黒屋さんの入口です、センスのいい建物なのです。

宿泊すると1人1泊2万円です。中はアンティークでお洒落な空間でした。

大黒屋さんのラウンジです

板室温泉大黒屋さん。大黒屋さんのラウンジです。

 

こちらが奥です

板室温泉大黒屋さん。こちらが奥です。全体的に古民家風のお洒落作りです。年配者向けです。

室内からの景色です

板室温泉大黒屋さん。室内からの景色です

抹茶とお菓子付きを注文しました

日曜日の午後3時頃で、宿泊客もいない時間のため、店員だけの静かな空間でした。のんびりできました。妻は甘酒を注文しました抹茶は税込み800円甘酒は600円でした。

抹茶です。甘味があるような感じでした。

板室温泉大黒屋さん。抹茶です。甘味があるような感じでした。

和菓子です。甘すぎず美味でした

板室温泉大黒屋さん。和菓子です。甘すぎず美味でした

甘酒です。入れ物もおしゃれです

板室温泉大黒屋さん。甘酒です。入れ物もおしゃれです

大黒屋さんの宿泊施設です

板室温泉大黒屋さん。大黒屋さんの宿泊施設です。一度は泊まってみたい高級温泉ですね。

お茶を飲み終え、近くを散策しました。

コゲラのようなギーギーと鳴く声川のせせらぎが涼を感じさせてくれました。

風が心地よく、歩いても疲れませんでした。

大黒屋さんの宿泊施設です。一度は泊まってみたいです

板室温泉大黒屋さん。大黒屋さんの宿泊施設です。一度は泊まってみたいです。

重要文化財になっています。

板室温泉大黒屋さん。重要文化財になっています。

ギャラリー命です。無料でした

板室温泉大黒屋さん。ギャラリー命さんです。無料でした。

 

野生のサルです。帰るとき道路から撮影

板室温泉大黒屋さん。野生のサルです。帰るとき道路から撮影しました。

野生のサルです

板室温泉大黒屋さん。野生のサルです。こちらをじっと見て警戒していました。

他にも山に登ったのですが、杉林と階段ばかりの写真になるので、カットしました。

板室温泉は静かで、まったりとできる空間でした。現実離れした静けさに、まるで異世界に行っているような感覚になりました。人もまばらなため、まさに穴場スポットです。

曜日の那須街道沿いだと、こうはいきません。人が溢れています有名なところは人ばかりです。

駐車場前の道を進むと、那須ハイランドパーク入口に行けます。こちらから行くと渋滞に巻き込まれることなく行けます。


駐車場から10メートルほど進んだ先のバス停後方の原っぱにサルの軍団が歩いていました


地元の人の話によると、サルは日常茶飯事だそうです。空いているので、のんびりとサル見学などはいかがでしょうか

あなたがツバメに会える道の駅 那須高原友愛の森

あなたもチーズケーキが無料で食べられます。那須チーズガー

黒磯駅近くのカフェSHOZOは大人の雰囲気で静かに営業中

アクセス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください