埼玉県川越市中院といえば島崎藤村ゆかりの小江戸川越の天台宗のお寺です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
中院

島崎藤村ゆかりの中院とはどんなところなのか?


小江戸川越にある中院とは、一体どんなところなのか?


中院は 喜多院の南側のほぼ隣にあります。正式な名前は天台宗別格本山中院となります。

また、実はこの場所は、天海僧正が来るまでは、こちらの方がお寺の中心だったようです。

その他としては、この地は島崎藤村ゆかりの寺院として有名で、境内には市が指定した文化財である島崎藤村関連の茶室・不染亭があります。


ところで島崎藤村って誰?


島崎藤村(しまざき とうそん)は、1872年3月25日 から 1943年8月22日に活躍しました。

ロマン主義の詩人として活動後、小説家へと転身します。代表は【破戒】などの自然主義作品になります。

その他の代表作には、【夜明け前】などがあります。では、島崎藤村と川越の繋がりとは?それは1928年のことです。その年、藤村は56歳で再婚しました。相手は、彼の茶道師である加藤みきの娘である静子です。
夜明け前の執筆が開始された頃の出来事です。

また妻になった静子は川越の出身であり、藤村は川越によく来ていたようです。夜明け前の第1・2部にはよく川越が登場しています。

さらに、夜明け前の主人公である青山半蔵の生まれが川越という流れです。川越が大好きなのですね。

また、こちらの境内には、島崎藤村の義母の墓・さらに彼女に贈った茶室である不染亭が存在します。

 

中院

中院は鎌倉時代末頃に無量寿寺から分かれたようです。もちろん、天台宗の寺のままです。

中院

中院の表門になります。イーグルバスが前を通ります。バス停もそばにあります。喜多院も合わせてみる人は、こちらで中院を拝観してから歩いて喜多院に行くのがいいかと思います。

中院

中院の境内は犬の散歩は禁止です。さらに自転車も禁止です。

中院

中院はこの時、逆光でした。

中院

中院h冬のシーズンは花は咲いていません。庭園はオフシーズンですね。

中院

中院の中庭ですが、今は完全にオフシーズンです。

中院

中院は、観光客が数組、歩いていました。なかなかの賑わいです。

中院

中院の庭園の木々です。

中院

中院は第三代天台座主になった円仁(えんにん)慈覚大師が建立しました。

中院

中院を建立した円仁慈覚大師は、入唐八家の一人です。すごい人物です。ちなみにハ家とは、最澄・空海・常暁・円行・円仁・恵運・円珍・宗叡です。すごいメンバーです。

 

中院

中院を建立した円仁慈覚大師は、さりげなく下野国の生まれです。栃木県壬生町です。

中院

中院は狭山茶発祥之地といわれています。円仁慈覚大師は京都から茶を伝えたと言われています。

中院

中院には島崎藤村先生記念碑があります。夜明け前で有名ですね。

中院

中院にある上記が狭山茶発祥之地の碑になります。

中院

中院の説明が書かれています。

中院

中院は関東八箇檀林とも呼ばれていました。

中院

中院は、天台宗別格本山になります。

中院

中院は、創健1100余年の古刹となります。

 

中院の本堂前のしだれ桜は有名です。季節的にはまだ早いです。

中院

中院の本堂前付近にある出世観音になります。

中院

中院の境内になります。

中院

中院の本堂は江戸時代再建になります。本尊は阿弥陀如来像が鎮座していますが、こちらの扉は閉まっています。

中院

中院の本堂から山門が見えます。

中院

中院の本堂から不染亭に向かう小道です。

中院

中院の境内にある休憩所です。

中院

中院の境内の植物たちはオフシーズンを迎えています。

中院

中院の境内になります。

中院

中院の境内になります。

中院

中院の境内その2になります。

中院

中院の山門からの眺めです。一枚の絵のようです。

中院

中院についての説明書きがあります。

中院

中院で日蓮上人が、尊海僧正より恵心流の伝法灌頂を受けた記念碑です。歴史がすごすぎる!

中院

中院の山門からの眺望です。

中院

中院は天台宗星野山中院が正式名です。

中院

以上で中院を後にします。


中院のまとめと感想


中院は歴史上の有名人物がガンガン出てくる歴史ある寺院です。そして、境内の植物たちがオフシーズンにも関わらず、大勢の観光客が来ていました。

また島崎藤村ファンには、まさに外せない場所の一つです。

おまけで、円仁さんの出身である栃木県壬生町はバンダイ博物館があり、ガンダムが見られます。

 

アクセス

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください