那須の美術館といえばエミールガレ美術館がおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女性に大人気のエミールガレの美術館があります!


全世界にファンがいるエミール・ガレとは?


こんにちは、那須観光の山田伝太郎です。今回は那須エミールガレ美術館さんを紹介させていただきたいと思います。那須高原の中心地から少し入った場所にあります。館内のお土産コーナーにも素敵な作品があり、入館しなくても楽しめますが、一度はガレの作品を見て楽しんでみてください。

 

こちらが建物になります。お洒落ですね

こちらが建物入り口になります。

 

 エミールガレについては、パンフレットにこう書かれています。

「1846年5月4日、フランス北東部ロレーヌ地方ナンシーで、鏡ガラス工場を経営する事業家、 シャルル・ガレの家庭に生まれる。 ドイツに留学し、詩、文学、哲学、植物学、鉱物学、建築学、装飾美術をおさめた。 また、再度科学を学ぶことによって、その後のガラス制作に大きな発展を もたらした。

 当時の美術界をゆるがしたジャポニズムの先導者、また象徴主義の原動力として、その功績は 画家モローと並んで、19世紀末フランスの代表的芸術家として、その名をとどめている。

 ガラス芸術に投じた信念と自信ははかり知れないものであった。 当時の万博や様々な展示会、知識階級に絶大な力を持っていたサロンでの成功は華々しいものであった。

  現在、残された作品の芸術性の高さは、比類なきものと、今日また世界的に再評価されている。

  1904年9月23日、白血病により、58歳の生涯を閉じた。」

 こんな感じです。まー、作品を載せたいのですが、写真撮影禁止のため、ショップで販売されていた、似せた作品を紹介したいと思います。幻想的なイメージの展示物でした。年配の女性に人気があるようで、館内はわたし以外すべて女性でした。きらびやかさが良いのかもしれませんね。 

 100万円以上で販売していた本物もありましたが、おーー高いすごーいというセリフしか出ません。

中はお洒落ですね。フランスをイメージしているようです。

フランス感がびしばし出ていますね。

お洒落なランプです。こちらも販売しています。

アクセスの案内 開館時間AM9:30~PM5:00(入館はPM4:30まで)年中無休となります

 入館料 大人1000円高・大学生700円小・中学生300円 

 東北自動車道那須ICより那須街道右折 湯本方面へ広谷地交差点を右折して走ること5分左側になります。写真の看板がでています。
東北新幹線の方は   JR那須塩原駅より那須温泉行きバスで広谷地下車して、歩くと30分ぐらいでしょうか?キュービーバスを利用した方が良いです。


広谷地交差点からガレに行くならこれに乗るのがお勧め

那須 テディベアミュージアム

那須 観光 那須オルゴール美術館

エミールガレ近くにあるうんかかおとは、なんだ?

 

 

似せた風作品です。販売してます。お洒落ですね。価格が1万円のものもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください