那須のローマで犬を連れて入れる子供に人気のトリックアートはミケランジェロ館!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
那須トリックアートミケランジェロ館さん

 那須トリックアートからローマに行ける魔法があると聞き、調べに来ました。確かに鹿の湯からローマに行った映像(映画テルマエロマエ)はありますが、トリックアートからはどうなのでしょうか


ころで、トリックアートとは何か? そんな人のために那須トリックアートHPから答えを見つけてきました。


 こんにちは、ミケランジェロ伝太郎です。今回は那須トリックアートミケランジェロ館さんを紹介させていただきたいと思います。

 「人間の錯覚をユーズすることにより、「立体に見えている絵画」や「みるアングルによってまったく違ったイメージになる作品」、さらには「インツーすることで錯覚を体感できる作品」など、ちょっとミステリアスをエンジョイできる『体験型アート』なのです。これは楽しみです。作品と一緒にピクチャーを撮ることで完成するミステリアスワールドをぜひ体験して下さい」

 ということで体験してきました。早速、車を走らせ、たどり着いたところは、ローマ観光で有名なトリビアの泉ですわーい、イタリアに来てしまいました。下の写真参照です

那須トリックアートのミケランジェロ館さん。こ、これはあの有名なトリビアの泉

ではなく、なんとここは、那須トリックアートの建物に描かれた絵なのです。すごーい!ここで記念写真を撮れば、ローマ気分が満喫できますね。さて、中に入りますね。

那須トリックアートのミケランジェロ館さん。建物に絵画が描かれています。

那須トリックアートのミケランジェロ館さん。こちらが入り口になります。立体的な彫刻が見えますが、あれもなんと絵です。

中に入ってすぐに、受付カウンターがあります。思わず「大人二人で・・・」声をかけようとして止まりました。なぜなら、下の写真参照。

那須トリックアートのミケランジェロ館さん。ここが受付だと思いました。

受付だと思った人は絵だったのです・・・本当の受付はその先にあったのです。この光景を見ていた受付の女性スタッフさんは、笑顔で出迎えてくれました。多分、多くの人が間違えているのですね。

 3館同時入場がお得です。大人1人2700円になりますが、今日は栃木県民の日のため、半額になります。二人で2700円になりました。参考までに、クレジットカードは使用できません。

 支払いを済ませると奥から別の女性スタッフさんが現れます。「イタリア、ルネサンス時代の3大巨匠であるミケランジェロとレオナルドとラファエロの名作がトリックアートとのコラボにより素敵な作品になっています。

トリックアートのヒストリーやディープさを感じることができます。

システィーナ礼拝堂では、ハンドによる日本最大級の天井画と壁画を前にすべての人が興奮で感動します!」

 と、案内されながら、絵の見方などのレクチャーを受けてから、いよいよ奥に進んでいきます。最初の部屋は右左があべこべの部屋です。記念に写真を撮ります。下記写真参照。

那須トリックアートのミケランジェロ館さん。作品の前には、親切に絵の解説があります。謎解きのようです。

作品はたくさんありますが、面白いので全部試していきます。洋服が絵に引っ張られて大変です

下記写真参照。このようにトリックアートがたくさん並んでいましたが、全部、紹介すると入館した時の楽しみが減ってしまいますので、これぐらいにしたいと思います。

気になる人はぜひ、行って見てください。家族もいいですし付き合い始めのカップルには最高かと思います。

盛り上がります。

那須トリックアートのミケランジェロ館さん。洋服が掴まれていますね。すごくリアルです

いろいろな作品を楽しみながら先に進んで行くと、広い空間にでました。下写真参照。ここは、ルネサンスの名作、ヴァチカン市国にある世界遺産「システィーナ礼拝堂」をトリックアートで完全再現(3/5スケール)。圧倒されるほど壮大な作品ですね。

 

那須トリックアートのミケランジェロ館さん。同じ大きさです。すごーい

那須トリックアートのミケランジェロ館さん。とても広いです、運よくこの時、他には誰もいませんでした。貸し切りです

さらに、今度は2階に上がります。そこには、あの名作がありました。下記参照。

那須トリックアートのミケランジェロ館さん。モナリザです。

那須トリックアートのミケランジェロ館さん。ゴッホのひまわりです。これは、本物を見たことがあります。

 こうして、わたしと妻は大満足でミケランジェロ館を見終えました。

アクセス

那須高原で滝行をしたい時は、トリックアートぴあさんがおすすめです!


トリックアートなら冷たくて辛い滝行も簡単にできます!


 こんにちは、滝行伝太郎です。今回は那須高原に3つあるトリックアートの中で最初にオープンしたトリックアートさんを紹介させていただきたいと思います。ちなみに連続で観覧しているため、かなり疲れてきました

 朝からエミールガレから始まり、那須オルゴール美術館に立ち寄り、テデイベアミュージアムと回りました。

 午後からのトリックアートがかなりのボリュームだったため、足が痛くなってきました。

 県民の日の割引で訪問しているため、仕事まであと2時間しかないので、ラストは時間との闘いになりました。

こ那須トリックアートさん。ちらがトリックアートのスタート地点です。入口が絵になっていてどれが本物かわかりません。

早速、中に入ります。料金は3館共通券です。あとで、気づいたのですが、那須トリックアートさん。

全部を一日で回らなくても大丈夫だったのです。チケットを確認すると、3日間有効でした。

自宅からここまでは、車で15分ぐらいなので、翌日という手もあったのですが、その時は、すべてを回るきになっていました。

 ということで、奥に進んで行くと、中庭は滝が流れていました。下写真参照。

那須トリックアートさん。すごい滝です。修行している写真を撮りました。ここならば、簡単に修行することが可能です。

那須トリックアートさん。プールは水で溢れています。残念ながら中に入ることはできません。

さらに、奥に進んで行くと、様々なトリックアートに出会います。一枚一枚、絵の中に入って写真を撮りました。そして、疲れてきたので、椅子に座ろうとすると、なんと、それは、座れない椅子でした

 椅子に騙されてしまいました。おそるべき画力ですね。

那須トリックアートさん。はしごに昇ろうとするとあれ?絵でした。これにもびっくりです!

 トリックアートの館内を見学していてふと思ったのですが、ここの作りは、大きな家のような感じがしました。大きな家をリフォームしてトリックアートにしたような感じです。

 そして、HPを見てみると、ずばり正解でした! こちらの建物は元ペンションだったのでした。真実は一つです。

 だから建物の作りが家風だったです! と納得しました。

 また、特に面白かった作品の中には、ネコの食卓という題名のアートがありました。

 イメージ的には来館者が部屋に入ると、大きなネコに捕まってしまい、来館者が食器の上に乗せられ、今にもあんぐりと食べられる直前ですよ。

という感じの作品なのですが、このテーマは、他の館にも使われていますね。リアルさは上がってますが。

一通り見終わった後、アトリエを発見しました。下記写真参照。完成し、公開される日が楽しみですね、こうしてすっかり堪能した後、わたしたちは帰途に就いたのでした。

那須トリックアートさん。完成が楽しみですね。次回のテーマはシーでしょうか? 海底探検なのか?

那須トリックアートさん。アトリエにあった作品です。タートルが気になります。赤いタートルなのでしょうか?気になります。


アクセス

那須トリックアートのミケランジェロ館周辺のおすすめな施設


那須トリックアート迷?宮館


溶けた自動販売機

トリックアート迷宮館

那須トリックアート迷宮館は、クイズのようななぞかけにチャレンジするようなトリックアートです。子供と一緒に楽しめたりカップルで謎解きにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

また、館内のスタッフさんが親切に写真撮影もしてくれるので、とても嬉しいサービスつきです。写真を売ったりではなく、お客さんのスマホとかで撮影してくれます。

那須 トリックアート 自動販売機が大変なことに!!


那須テディベアミュージアム となりのトトロぬいぐるみ展

藤城美術館は那須高原の宝です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください